検査について

当院の検査について

当院では、画像検査は当日に検査結果の説明を行っています。
不安なことがあれば検査当日の結果説明時に医師に直接相談することが可能です。検査をご希望の方はまずはお気軽にご相談ください。

16列マルチスライスCT

16列マルチスライスCTは検査時間が短く、広範囲を高速で撮影ができます。動きによるブレが少ないのできれいな画像が得られます。

空間分解能が高いので数ミリ単位の小さな病変まで検出できるので、早期発見に非常に役立ちます。薄いスライスで腫瘤の形、広がりかたを評価することにより肺野の場合であれば肺炎の原因菌やウイルスまでわかることがあります。
また、造影剤を使いながら連続撮影で経時的な血流変化を追うことにより腫瘤の良悪性の判別が可能です。

検査の例

  • 頭部外傷、脳出血

  • 肺野病変、肺塞栓症など

  • 急性腹症

  • 腸閉塞や鼠蹊ヘルニア

  • 肝胆膵精査

  • 尿路結石

  • 骨折精査

など多岐にわたり、オールラウンドに利用できる必須の検査とも言えます。

1.5T MRI
(核磁気共鳴画像診断法)

強力な磁場とFMラジオのような電波を利用して、人体の水素の原子核であるプロトンが反応した信号を画像化します。組織コントラストが高いので、脳や脊髄神経を始め、血管や胆管や膵管、尿管などの管腔臓器の描出に優れており、軟骨や椎間板、靭帯などの状態、性状についても調べることが可能です。

また、電波や磁場をいろいろ変化させることによって、脂肪成分を消したり、水を消したり、水の動きやすさをみたりできるので、急性期脳梗塞の診断に役立てたり、腫瘍の鑑別、炎症や浮腫、血流情報、骨折が新しいのか等、さまざまな情報を得ることができます。
撮像方法によって見えるものが変わってきますので対象や目的を絞って、狙い定めたほうがより良い検査となります。
デメリットとしては、ペースメーカーや体内に磁性金属がある人は検査できません。
CTよりも検査時間は長く、撮影範囲もあまり広範囲にはできません。検査中は傾斜磁場コイルという部品が振動するため大きな音がしますが、心配はありません。

脳外科専門医による外来診察をご希望の方はご気軽にご連絡ください
診療科・専門外来はこちら
TEL:048-222-0190

X線検査

当院のX線検査はデジタルX線画像診断システムにより、迅速かつ低線量での撮影が可能です。撮影された画像はPACSシステムにより診察室でも濃淡やコントラストを調整しながら体内に起こっている変化を観察することができます。

撮影時は、患者さんの苦痛や疲労をできる限り少なくするため体位変換が最小限で済むよう心がけ、スピーディに明瞭な画像を提供するよう努めております。必要に応じてプラスチックや金具のついた衣服や下着類を外してもらうことがありますので、ご協力のほどお願いいたします。

ハイビジョン内視鏡

当院の内視鏡検査機器は、従来の内視鏡を大きく上回る鮮明画像が得られるオリンパス社の内視鏡検査機器を採用しています。通常より細い経鼻用ファイバーを経口内視鏡として利用していますので、苦痛の少ない検査が可能です。

組織の一部を取って胃がんの発生リスクを増大させるピロリ菌の存在を確認することができます。ピロリ菌が存在した方には内服治療による除菌をおすすめしております。
大腸ポリープは自覚症状がなくほとんどが良性ですが、1センチを超えるものはがん化するものが多いので見つかったら早めに内視鏡で切除することをお勧めします。

超音波検査(エコー)

超音波検査は簡便にいろいろな部位を観察することができます。肝、胆、膵、腎、脾などの実質臓器をはじめ、心臓や血管、軟部組織(体表に存在する病変)に至るまで検査可能です。

多方向から観察ことにより病変の立体的構造を把握することができ、病変の存在のみならず性状まで評価できる場合があります。リアルタイムに観察できるので、いろいろな体位を取っていただいたり、呼吸による変化で病変の可動性なども評価できます。またドプラ法を使用することにより血流情報を得ることもできます。放射線被曝や苦痛がほとんどないので繰り返し検査が可能です。

心臓血管外科医による心臓エコー検査をご希望の方はご気軽にご連絡ください。
診療科・専門外来はこちら
TEL:048-222-0190

骨密度検査

当院の骨密度検査はDXA法という方法で骨粗しょう症の程度を測定します。2種類の異なるX線を微量に使い、他の方法(超音波法、MD法、QCT法)に比べて非常に高精度な測定ができます。
骨粗鬆症は人間のかかる病気の中で最も多い病気です。全身の代謝に関係している病気ですので、整形外科のみならず、外科、内科の医師によっても診療が行われています。女性では50歳くらいから骨量が低下し始めますが、できれば若いときの骨量を知っておくと、老年期になってから役に立ちます。

男性は寝たきりが長かったり、胃腸・腎臓障害などがある方は測定をおすすめいたします。
男女とも70代以降は定期的に測定するのが望ましいでしょう。
老化によって減ってしまった骨を若いころのように戻す薬はありませんが、最近では早期治療により、骨粗鬆症による骨折がかなり防げるようになりました。 現在使われている薬は、骨の吸収(骨が溶ける)を抑える薬、骨の形成(骨を作る)を助ける薬、吸収と形成の骨代謝を調節する薬などがあります。